http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 2005年12月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は事務所の忘年会、今日は大掃除、そして今日で仕事納め。
午前中、やさまちの協議書が降りたと連絡が入る。来年、現場のついでにとりに行く。来年早々、保全計画の電子納品の準備をし、特養の図面に本腰を入れて作成。来年は、今年よりも設計頑張るぞ!
スポンサーサイト
2005.12.29 / 日記 /
 今日は、先週雪で延期になったコンクリートの試験練検査のため、昼前に事務所を出発。
 試験場で、検査と打ち合わせを行う。年明けてから本格的に現場が始まる。忙しくなりそう。
帰りに地域振興局によってやさまちの訂正をして帰る。
2005.12.27 / 日記 /
12月20日

街中のテナントビルの検査
午前10時から消防署、午後4時半から指導課。
仮使用の検査を毎回受けてきていたので今回は、3階の1店舗分の検査のみ。消防は特にたいした是正はなく終了。指導課も特にないといえばないが、3階の共用部の階段の防火戸がうまく閉まらなくて翌日再検査になる。



12月21日

昨日うまく閉まらなかった防火戸の再確認まで、特養の既存解体の手伝いをする。再び夕方4時半から指導課の防火戸の再検査。今回はうまくいく。午前中のうちに、防災設備屋さんに確認してもらったところ、半屋外に設置してあるので、煙が4,50秒滞留しないと反応しないらしい。先日は、防災設備屋さんの手配をしていず、タバコの煙で反応させようとしたのが間違いだったみたい。検査も無事終わり、来週火曜日くらいには検査済証が出る予定。

午後の移動中、時々ヒョウが降っていたが、8時過ぎくらいから本格的に雪が降り始め、帰るタイミングを逃してしまい、事務所に泊まることに。翌日の出勤のことなどを考えると、これでよかったのかもしれない。夜は、再び特養の既存解体の手伝い。



12月22日

昨夜からの雪が結構積もっている。バイパスも昼過ぎまで、車がゆっくり走っている。人吉の現場に連絡を取り、コンクリートの試験練は来週に延期する。空いた時間は再び特養の既存解体の手伝い。
2005.12.27 / 日記 /
 今日は昼過ぎから去年竣工した保育所で、KAPの現地審査。審査員の人達、来るなりみんなてんでばらばらで、みんな好きなように見て写真を撮っていく。そして、気になることがあると僕か所長を捕まえて質問をする。これじゃ全体の説明どころではない。そして質問の内容も構造について。確かに今回は特殊な工法を使ってるけど、他にも聞いてよって感じで30分ほどの現地審査も無事終了。
ちなみに応募が40点で、書類審査に通ったのが内8点。今回、その2点がうちの事務所。

 それと、今日から年上の新人さんが入ってきた。かなりのベテランみたいな話。
2005.12.20 / 日記 /
前の職場の話、いい話ですね。
人が使うもの。人がつくるもの。
ものをつくるって、そう簡単じゃないから、そこにはドラマがあります。
いろいろな縛りの中で、人と人がぶつかり合って、つくってできたものは、
頑張ったぶんだけとてもすばらしいものと思います。

建物が完成するまでには、多くの人が関わっています。
施主や使い手がいて、設計がいて図面を審査する行政の方、現場監督さん
そして、鉄筋、コンクリート、内装、家具、建具、
電気屋さん、設備屋さんなどなど各工種ごとの職人さん方。
それは規模が大きかったり、複雑であればあるほど。
どんなに頑張って図面を書いても、つくるのは現場の職人さんたちで、
設計もその一部と思います。
どんなに技術が発達しても、結局それを使うのは人で、
様々な人たちの仕事の積み重ねで出来上がっています。
だから各々のモチベーションだったり、
思いだったりが大きく左右するわけです。

僕が働き始めの頃、現場の方によく言われてました「最後は人と人」と。
そこには損得ではなく、長年の間にできた大事な信頼関係だったりもします。

そんな周りが見えていない人達の利益の追従のために、
多くの方々が被害を被っています。
2005.12.18 / 日記 /
 先日、12月14日は球磨の現場の縄張り検査を午後こらおこなう。
既存の建物を書いたい後、敷地を計ると設計の段階よりも若干広い。設計段階では、敷地に対して若干窮屈だったので、きつかったほうに少し余裕を持たせるために建物の位置をずらす。
そんなに大きくずらすだけで、多分埋設の設備配管等にも影響はないはず。
ついでに設計GLも決めてくる。これも、現場で敷地の周りを測量して、外構時の水勾配、既存の更衣室との床高の取り合いに注意しながら決める。

 今までは、敷地にギリギリだったり、かなり余裕のある場合ばっかりだったせいか、今回は一人で行ってその場で決断したせいか、緊張した。
法的に、離れや高さに問題が生じるようなところではないので大丈夫だろう。そして帰りに、今回乗り入れのために水路の上に掛ける乗り入れ路のための道路占有許可を役場に提出して事務所に戻る。


 来週は連休のせいで実働日数が少ない。おまけに先日提出していたKAPの書類審査に通って、来週現地審査。そしてテナントビルの最後の完了検査、再び球磨の現場にコンクリートの試験練の立会い。実働4日の内の3日は検査や郡部へ。現在、設計中の特養の図面も、年内にはメドをつけようと思ってるけど、若干遅れ気味。変更も出てきてるし。
あと数日、年内に片付けれるものは片付けとかないと。
2005.12.18 / 日記 /
 今日は球磨地方の現場の起工式だった。
今回で5,6回目だけど、いまだにちょっと緊張する。
そして毎回思うのが、式のときにしてあるお供え物の野菜の種類にはどんな意味があるのかということと、神主さんが言っているお経みたいな言葉の意味。これがいつもどんな意味があるのだろうと思う。
2005.12.10 / 日記 /
 今日、無事に3回目の計画変更が降り、完了検査の申請を済ませた。後は検査を受けるのみ。しかし、検査の日程がKAPの現地審査に重なる。自分が行きたかったけど残念。検査も早く終わらせないとテナントのOPENにかかわるから。

 そして明日は人吉方面の現場の起工式。先日解体の竣工を終え、ついに現場が始まる。やっぱりよくよく考えると最低週1で人吉はつらい。
2005.12.09 / 日記 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。