http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 2006年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 図面を書く日々が続いている。
あまり先が見えていない感じ。これが5月末まで続くと思うとかなりブルー。図面の方がばたばたしすぎてて、現場の方がいまいち手付かずな感じ。
 先週頭、鉄骨が荒で組みあがり全体のブリュームがはっきりと分かるようになった。やっぱり鉄骨造は早い。のんびりはできない、3月を乗り切れば現場もうまく流れていくと思う。
しかし、週末に現場に対して注意すべきことがあって、こうゆうのはその時にしないとちょっとダメなんだけど、いつもうまく言えずにタイミングを逃す。前回も注意したことだけど、今度の打ち合わせの時に再び注意しよう。
 設計のほうも、書き始めてすぐは乗ってこないし、だいぶ集中力が続かなくなってきたけど、先週気付いたことして、自分は家具の図面を書くのが一番好きみたい。
矩計、平詳、展開どれもすきだけど、家具の図面が一番楽しい。多分、建物に比べて大きくないから短い時間で書きあがるし、図面の中で一つの単体として簡潔するからかなと思う。
 
スポンサーサイト
2006.02.26 / 日記 /
 昨日、無事チェックバック分の修正が終わって福岡の積算事務所に残りの1期工事のB棟の図面を発送する。自分が入ってからは、積算を外注するのは初めて。

 今日から1期分の申請図面のとりまとめを始める。一度、別の人が手を付けているけどなかなか‥。明日には終わらせて、土曜には別件もしくは3期分の図面に取り掛かる予定。
2006.02.17 / 日記 /
 先週、無事図面を一通り訂正した内容で、週末所長のチェックバック分の訂正に早速取り掛かる。内容はたいしたことがないとはいえど、図面の1ケ所に修正があれば整合性を取るために、他の図面も直さないといけないので、実質チェック内容の2,3倍は訂正事項があるせいかちょっとてこずっている。
これが終わったら次は申請の準備、2期、3期分の図面に入っていかないといけないし、積算アップして金額がオーバーすれば減額案を出してその内容で再び図面修正。その他いろいろとこれからしないといけないことを帰り道考えてたらとても大変。
でもやらないといけないことの絶対的な量は決まっているから、あとは去年のテナントビルの時のようにひたすら時間がかかっても、締め切りに向けてコツコツとやって行くのみかな。
2006.02.14 / 日記 /
 今日は、人吉の現場の基礎・地中梁のコンクリート打設立会い。8時開始だったので、事務所を6時半出発。毎年度末は、公共工事の設計を遅くまでしながらの公共工事の監理。このくらいの時期のコンクリート打設はちょっと遅いけど、毎年恒例といえば恒例。コンクリートの打設量が多ければ、早目の打設開始になるし、この時期は郡部の現場だから朝5、6時起きで出て行くけど、暗いうちに部屋を出て仕事に行くのはなんか未だに慣れない。

 と、今年から人吉の現場も本格的に動き始めて、仕事初めから急ピッチに根切り状況確認、アンカーセット状況、基礎・地中梁の配筋検査、鉄骨の原寸検査を経て今週から週1の定例打ち合わせも日時を決めて行い始めた。
来週からは色彩計画の準備。あとちょっとでこの現場は落ち着くかな。
2006.02.03 / 日記 /
 この前TVで下流君の特集をしていたのをたまたま観たら、自分は就職していれどもあまり大差ない気がした。

 そんな中昨日の夜、特養の図面の所長チェックを受けるべく、図面の取りまとめを先輩とやっていたところ、思っていた以上にできていなかった。
この物件は規模が大きい。大きければ当然一般的な実施図面も枚数が増えるし、特別な図面も必要になってくる。
3人体制でやっているとはいえ、実質図面を書くのは2人で先輩はこの物件に付属している解体や仮設、施設との打ち合わせと当然ながら(自分も)この物件だけが仕事ではないけれど、この物件に取り掛かったときは2人でもどうにかなるかなとたかをくくっていた。
 去年の暮れに現場が1つ竣工し、2階建ての事務所の設計、県立大保全調査が終わった時点で、一気にやる気が無くなったままで今年に入ってもダラダラと図面を書いていたのがいけなかった。

 それで昨日の夜、このままじゃいかんと思い再びやる気を出して、毎年恒例のような年度末のストイックな生活をしようと決めた。といっても、当然休みの日は休めるように頑張るつもり。
2006.02.01 / ひとりごと。 / 日記 / 日記 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。