http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 2007年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
071030_製図室


 今夜も大学に行って、恩師とコンペの話し合い。しかし、今週は僕がなにも案を作っていなかったので、
先生の新しい案の説明を聞いただけですぐ終わってしまった。
 もうスケジュール的にあまり余裕がないので、来週までには
僕も頑張って案を作らないといけない。
(写真は、珍しく遅い時間に明かりがついていた大学の製図室)
スポンサーサイト
2007.10.31 / コンペ /
071030_表札


 昨日、今日とM邸、RSHの追加金額の話し合いも無事終わり今日は、RSHに引渡しの書類を一式お渡ししてきた。
 その後、先日引き渡したM邸の表札の取付完了を確認しに行ってきた。
 この表札もこだわりの一品で、ステンドグラスでできており、中に照明が仕込んであるので夜はうっすらステンドグラスから明かりがもれる。なにかなにまで、施主のこだわりによりほとんどのものがオーダーメイドでできた家もこれで完成。
 設計事務所が関わる建物は、ある意味オーダーメイドだがここまで幾度となく施主と打ち合わせを重ねて、寸法や材料などを検討したモノや回数が多いのは僕の経験上これが初めてだった。でもこれで、施主にとっては満足度の高い建物ができたと思う。
2007.10.31 / M /
071028_引越し1


071028_引越し2


 昨日、今日と引越しの手伝いだった。整備用の機械類が入って、工場も工場らしく雰囲気がでてきたし、Show roomもバイクが入ってまた感じが変わった。
 今日までの作業で、とりあえず大まかなものを新店舗に移したくらいなので、まだまだ来月のOPENに向けて細々としたものの整理や、道具や商品の並び替えが大変そう。
2007.10.29 / RSH /
071028_敷地模型1


 新しい計画の1/100敷地模型を作成。今回は、敷地が山の中なので久しぶりに起伏がある模型を作った。


071028_敷地模型2


 フラットな敷地に比べて当然手間のかかる作業。これだけでも建物とは別に模型といえる。等高線があればこれを利用し、なかったかり足りなかったりした場合はないぶんをイメージして補って、等高線に印を付ける。
 なぜこんなことをするかというと、材料を少なくして模型を作るためで、何枚もスチレンボードを使ってつくるなら特にこの作業をしなくてもいい。でも、結構この材料1枚が高いし枚数を多く使ってしまうから、僕は昔の事務所で教えてもらったローコストなやり方でいつも作る。


071028_敷地模型3


 今回は、敷地があまり複雑ではなかったのでボードは2枚で作った。敷地の複雑さによってボードは3枚だったり、4枚だったりになる。
 何度も紙を張ったり、はがしたりして土地の断面を切り出していく(トマトをヘタのほうから一定の厚みでスライスするような作業)。


071028_敷地模型4


 1枚1枚切り取られた部品を、あとは順番通り重ねて接着していくのみ。ボードを2枚使うことによって、ノリシロもちゃんとできるから接着も簡単。
2007.10.28 / H /
071023_RSH・看板設置


 本日、無事引渡し終了。更に看板も今日取り付いた。
看板が付くと、立面が引き締まる。鏡面仕上げの看板がいい感じで外壁に映える。


071023_地球生活記


 そして、今夜からモクバンR2(3回目)にとりかかるべく、大学時代の恩師と話し合いをしてきた。
 今回は、もう出すつもりはなかったけど、先日会ったときに手伝う約束をしたので、今回は二人で組んで一作品作ることになった。
 今日の話の内容は、お互い前回出した案の内容と、今後のスケジュールについて。後からだけど、先日のバイク屋さん同様客観的にためになる意見をたくさんいただいた。作品の公表と、それについての意見の交換は大事だ。
 前回のR2(2回目)は、同じ研究室の後輩達が10案の中の1つに選ばれたけど、先生の案も10案を絞る手前まで残っていたらしい。みんなすごい。


 今日、先生から借りた本。地球生活記 世界ぐるりと家めぐり
2007.10.24 / RSH /
071012_外観1

071012_外観2


北側外観2枚


071012_内観1


Show room内観


071012_内観2


工場内観



 忙しさにかまけているうちにバイク屋さんもできあがって、昨日は大学時代の恩師や先輩達に見に来てもらった。そしてついに明日引渡し。
 ある意味、もういいかなって思うくらい本当によくできたと思う。
 今までサボっていた分も、時間に余裕があれば過去にさかのぼって書いていこうと思う。
2007.10.22 / RSH /
071012_M・外観1



071012_M・外観2


西側外観2枚
間口6mのオーバースライダーが効いた立面
ガレージが建物内に取り込まれたガレージハウス


071012_M・外観3


オーバースライダーの木目の茶色に会わせた玄関ドア


071012_M・内観1


内観・リビング


071012_M・内観2


鉄骨とツインカーボを組み合わせた透ける階段


071012_M・内観3


フルオーダーキッチン
天板の一部はモザイクタイル、シンクはホウロウ製、流し台側の引き出しの扉の面材にはこだわりの鉄板に焼付け塗装。そして、水栓は海外製(グローエ)。
 価格は上がるけど、全てが打ち合わせして決めた仕上げ、寸法、扉の形状と思い通りの仕様で製作されている。まさにONLY ONE。




071012_M・内観4


ガラス張りのお風呂
2007.10.22 / M /
071019_M・取説

 本日、取り扱い説明会。キッチンの食洗機、IH、トイレ、エアコン、床暖房などなど、
各メーカーの方達に来ていただいて機器類の使い方を説明をしていただいた。
(実際は使いながらじゃないとなかなか覚えらてないんですけど)
2007.10.19 / M /
071016_施主検査

 本日、施主検査。手直しヶ所が数点。これで、施主、設計事務所、施工会社の検査が終わり、これから三者分の手直しをまとめておこない、後は引渡しのみ。ついにここまで来たというか、とうとうここまで来たいう感じ。
2007.10.16 / RSH /
071014_M・施主検査

 本日、オープンハウスの合間を縫って、午前中施主検査。バッチリ見てもらって無事終了。
2007.10.13 / M /
071005_M・水栓

 内部の水栓の大半は海外製。でも、この屋外の水栓は日本製。それもちょっとマイナーなメーカーだと思う。
 今日こそは、出来行く姿を見て歩くのみ。
2007.10.05 / M /
071005_カウンター1

071005_カウンター2

 別途工事の警備会社の配線の位置の打ち合わせで現場にきたら、カウンターが取付が完了していた。
図面で打ち合わせしていたときは、家具屋さんがきれいに塗装ができるか心配していたけど、
見たらさすが職人、プロの技。想像以上というか全然問題なくきれいに仕上がっていた。
(見えないところでの努力と、職人の意地があったのかもしれない)家具屋さんに感謝。
 今回のこのカウンターの天板は、現在の旧店舗で使っているものの端部をカットして使用。
この時点で、現在のお店のほうは営業しているけど仮設のカウンター(ベニヤ板)の状態。
 この天板の移設に関しては、今回の建物に入るように両端を切って、上からクリアー塗装をしたくらいで
あとはそのまま。だから、施主のお子様がした落書きの跡も常連さんが付けたタバコのこげ跡も
そのまま今もなお残っている。
2007.10.05 / RSH /
071003_M・ロールスクリーン

 もうここまで来たら、無事終わるのを見届けるだけと思いきや現場で急遽ロールスクリーンの打ち合わせ開始。
2007.10.03 / M /
071003_床張り1

 内装工事もほぼ終わりに近づき、現場は床張り中。
今回、Show roomの床は、板張りという施主の要望があったので、
現場が始まって最終の仕上げの確認まで安価で丈夫な床材を探した結果。
現場で変更になり、若干の追加にはなったものの最初に設計で見ていた床材よりも
いいものを使うことができた。
 これも、色を施主と3色の中から悩んで選んだ末決めた色(写真には写ってない)。
床一つで全然雰囲気が変わるから面白い。


071003_床張り2

 外壁まわりも全て終了し、足場も取れた。
足場が取れると、内部の明るさから外壁の仕上げの色の見え方まで違ってくる。
2007.10.03 / RSH /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。