http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 2008年05月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080523_県立劇場1
080523_県立劇場2

 一日中、県立劇場で講習会だった。来週は、半日説明会。

1982年 前川國男による設計。異なる大きさのホールの違いが、外壁のタイルの色にも白と黒のツートーンで表されている。この建物もまた、自然に隠れているので、これを確認するのは建物から離れないといけない。
スポンサーサイト
2008.05.23 / 建物探訪 /
080517_福岡市美術館1
080517_福岡市美術館2


福岡市美術館 1979年 前川國男による設計。
公園の木々に隠れるように在る美術館。このあたりが前川建築らしいところ。

ちなみに、いつもは見れないけど常設展にバスキアがある。
2008.05.17 / 建物探訪 /
080515_県立美術館1


080515_県立美術館2


080515_県立美術館3


 熊本県立美術館 1977年 前川國男による設計。氏の設計らしく、自然の中に在る建築。前川國男設計の建物を全てみたわけではないけれど、この建物が一番好きです。同じく美術館を福岡にも設計しているけど、なんか建物の大きさといい全てのバランスがいいような気がして、こっちです。
 スチールとガラス、コンクリートの工業製品の組み合わせが、近代建築を意識しているところをすごく感じるし、力強さがある。そして、新しい技術への挑戦として打ち込みタイルがらしいところ。
 建築で、シンプルモダンといえばこのあたりです。シンプル、モダンの言葉の意味を考えてからちゃんと使いましょう。各メーカーさん。
2008.05.15 / 建物探訪 /
 人それぞれかもしれないが、ちょっとした庭付きの一戸建てがいいと思う。
土地があればなんとか、土地がなくともダブルインカムでなんとか。
それがムリでも、中古住宅付きの土地を購入して、思うようにリフォームする。

 ここまでで、建売住宅やハウスメーカーの住宅という発想はまったくないことに気づく。
だって、そこには自分が求めるスタイルがないから。
「ないならないで、自分でどうにか作りましょう」が自分のスタイル。

 ふと今日思ったのは、中古の戸建だけじゃなくて、戸建の集合住宅でもいいんじゃないってこと。
戸建よりも高くなるけど、そこは考え方次第。自分で住むのは当然、持ち主が個人業で
事務所として使うもよし、パートナーが○○教室や、雑貨やcafe、ネット販売の拠点とするもよし。
はたまた、他者に住居としてでも上記のようにテナント、事務所として貸すもよし。
知り合いや、身内とシェアするもよし。
 別になにもせず、ただ家族と暮らすだけ。家族一人ひとりが、一部屋替わりに一室持つのも
大阪にあるネクサス21のように一部屋ずつに玄関があり、直接外部(社会)とつながっている
配列と同じでこれもありだと思う。
この場合は、各玄関から出た廊下(接続部)の処理を建築的に工夫してあげれば面白いと思う。

 そういえば、この前見た山本理顕氏が計画している住宅。初期の岡山の住宅に近い発想だった。
僕もここから始めているから、住居系のコンペではどうしてもこのあたりの案が頭の中を
グルグル回って出てくる。
2008.05.13 / 日記 /
080508_BRUTUS


 特集:居住空間学2008。居住空間ということで、建物全体よりも部屋の中や外観、
ロケーションなどどちらかといえばインテリアよりの内容ですが、おもしろかったです。
2008.05.08 / Books /
080501_陶器市1
080501_陶器市2

 長崎県波佐見のやきもの公園。これら写真は、建築雑誌よりもBRUTUSとかのほうで見る機会が多いかもしれません。
 やきもの公園内には、陶器を焼くためのさまざまな釜を復元して解説が付けてあるので、興味がある人には面白いかもしれません。




080501_白山

 波佐見といえば、当然白山本社ですね。内装までいい雰囲気です。
2008.05.02 / 建物探訪 /
080501_副島病院1
080501_副島病院2
080501_副島病院3


 佐賀市にある病院で、手塚夫婦が雑誌に出始めた頃の設計です。
昨日、佐賀市内をバイクで走っていたら偶然見つけました。
スチール、ガラス、コンクリート(二次製品)などの工業製品をそのまま使った四角による構成。
窓枠の黒が効いてます。近代建築と言うにふさわしいつくり。こういうのがシンプルでモダンなつくり。
ポイントで、スチールに色が使ってあってそれらは夫婦それぞれのカラーの青と黄色になっています。
2008.05.02 / 建物探訪 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。