http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 縄張り検査
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、12月14日は球磨の現場の縄張り検査を午後こらおこなう。
既存の建物を書いたい後、敷地を計ると設計の段階よりも若干広い。設計段階では、敷地に対して若干窮屈だったので、きつかったほうに少し余裕を持たせるために建物の位置をずらす。
そんなに大きくずらすだけで、多分埋設の設備配管等にも影響はないはず。
ついでに設計GLも決めてくる。これも、現場で敷地の周りを測量して、外構時の水勾配、既存の更衣室との床高の取り合いに注意しながら決める。

 今までは、敷地にギリギリだったり、かなり余裕のある場合ばっかりだったせいか、今回は一人で行ってその場で決断したせいか、緊張した。
法的に、離れや高さに問題が生じるようなところではないので大丈夫だろう。そして帰りに、今回乗り入れのために水路の上に掛ける乗り入れ路のための道路占有許可を役場に提出して事務所に戻る。


 来週は連休のせいで実働日数が少ない。おまけに先日提出していたKAPの書類審査に通って、来週現地審査。そしてテナントビルの最後の完了検査、再び球磨の現場にコンクリートの試験練の立会い。実働4日の内の3日は検査や郡部へ。現在、設計中の特養の図面も、年内にはメドをつけようと思ってるけど、若干遅れ気味。変更も出てきてるし。
あと数日、年内に片付けれるものは片付けとかないと。
スポンサーサイト
2005.12.18 / 日記 /
Secret

TrackBackURL
→http://savos21.blog18.fc2.com/tb.php/15-59d426ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。