https://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 さりげなくデザイン=きになる建物
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090312_川尻の美容室

 さりげなくデザイン=きになる建物でもあります。先日、友達に教えてもらって川尻で行われた酒蔵祭りに行ったついでに川尻の町を少し散策してきました。(その様子はコチラで)
 出かけた先とかでたまにふといいなぁと思う建物があります。あくまで有名な建築家の作品なのではなく、個人的な趣味性で気になる建物です。それを、川尻でも一つみつけました。
用途は美容室で、メインの道路に対して、お店の顔となるファサード(立麺)をシンプルにRCの壁で作っています。でも、建物自体の構造は木造です(ちゃんと見ていないけど、屋根の感じからたぶんそうだと思います)。それでも商業施設としての内部の雰囲気を出すために、天井の高さを高くするために建物自体の高さを通常の平屋よりも高くしてあり、その高さを活かすように大きな開口部が設けてあります。そして、その開口部が美容室でよく目にするのは、道路面などの外部に対して開いていることが多いのですが、ここはそうではありません。隣地に向かって開いています。たぶん、お客様が落ち着いて髪が切れるようにという配慮だと思います。だから、外からはなんだろうと思って近づくとなるほどと建物の正体がわかります。
 十人十色という言葉があるように、人それぞれに好みは違うと思いますが、僕はこの建物のあえて正面だけのコンクリートの壁と、木造の本体の大きさのバランス。大きな開口が好きです。
 僕は、あまり主張することなく、いろいろな人がいいなーと思える建物があちらこちらにもっと増えるといいなーと思います。知らないうちに、建物の前を通る人達の記憶の中に残っている。そして、気がつけばそこに住む人達のランドマークになっている。なんとなく人の記憶にしみていく感じ。心にしみていく感じ。ずーっと残り続けるものとしてありがたいことだと思います。
スポンサーサイト
2009.03.13 / 日記 /
Secret

TrackBackURL
→http://savos21.blog18.fc2.com/tb.php/184-b48ce2ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。