http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 闇
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一寸先は闇。学生の頃、それに近い暗闇の中を経験したことを思い出した。暗闇の中で、自分の手すら見えない。その時、この闇が延々と続き、どこまで行っても誰もいないそんな状態が続いたら人はどうなるのだろうと思った。
多分、とてつもない不安、孤独、自分の存在すら疑うような精神状態になるのではないだろうか。

 人間が持つ明かりへの思いは、古代からDNAに刻まれたものかもしれない。古代の明かりは、寒さから守り、外的から守ってくれる。
昔話の中でも、暗い森という不安の象徴でまずは主人公が目指すのは、明かりである。

 最近、あえてキャンドルの明かりなのは、散漫する人工的な灯りではなく、闇の中で強調された一つの小さな炎で社会の見えないストレスからのがれようとする刷り込みがあるのかもしれない。
スポンサーサイト
2006.06.17 / 日記 /
Secret

TrackBackURL
→http://savos21.blog18.fc2.com/tb.php/31-2b0af5ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。