http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 RSH・コンクリート打設
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070830_コンクリート打設1

 この日は、コンクリート打設。朝一で前日の手直しが終わっているかの確認と、型枠の清掃状況等確認がてらコンクリートを打ってからでは後戻りできないので、往生際悪く全体的に変なところがないか見て歩く。

070830_コンクリート打設2

070830_コンクリート打設3

 次にコンクリートの品質の確認。材料質については事前にコンクリートの配合報告書で確認し、現場ではコンクリート中に含まれる空気量、塩化物量、硬さ、温度を確認する。もちろんダメだったらそのコンクリートは持ち帰ってもらって設計通りの別のを持ってきてもらう。150m3ごとにチェックしないといけないので、大型物件のときはコンクリートを打つ量も多いから朝が早いし1日中付きっ切りだった。あの日々が少し懐かしい。

070830_コンクリート打設4

 これは、実際に打ったコンクリートを現場で採取しておいて、所定の日にちが経過した後予定通りの強度が出るか試験するためのサンプル。

070830_コンクリート打設5

 敷地の奥の方から順にコンクリートを型枠の中に打設していく。この光景を見ると、「型枠」て言葉の意味が分かる。

070830_コンクリート打設6

 そして、打設が終わったところから順に左官職人の方がコテで押さえていく。このコンクリート打ちの日は、朝から晩までさまざまな工種の方々が関わる。たまに現場の人が、この日を一大イベントと言うのがわかる。特に打ちっ放しのときは。
スポンサーサイト
2007.08.30 / RSH /
Secret

TrackBackURL
→http://savos21.blog18.fc2.com/tb.php/85-7315e694
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。