http://blog-imgs-18.fc2.com/s/a/v/savos21/favicon.ico"> 「机上の空論」 RSH・鉄骨胴縁取付
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070914_胴縁取り付け

 サッシ、外壁を張るために、壁に鉄骨の胴縁取付。
鉄骨の上に仕上げを行う場合は、サビ止め塗装を工場で行って現場に搬入する。
 このサビ止めも一般的な色は赤サビ色という赤色のもの。
これも鉄骨が既製品だったり、サビ止めの仕様が異なると赤のトーンが若干変わってくる。
この一般的な赤サビ色以外にも、グレーとか何色かあり今回工場は、ローストにするために
このサビ止めの色をグレーにし、サビ止め状態で仕上げにする予定だったけど、
現場が間違って赤サビで持ってきていたので、金額の増減なしでサビ止めの上から
塗装仕上げに変更となった。こちらとしては、きれいに仕上がるのでありがたい間違い。

 鉄骨を直接外部に使うときは、この塗装タイプのサビ止めではなく、亜鉛溶融メッキという
メッキ層に浸けたものを用いる。昔偉い人達の前で、このメッキの厚みはどのくらいなんだと
聞かれて困ったことがある。熊本ではメッキに浸けるための工場なんて数少ないし、
そんなこと気にしたこともなかったし、聞かれたこともなかったんで答えられなかったけど、
後から調べたらちゃんと厚みの基準が載っていてビックリした。
スポンサーサイト
2007.09.14 / RSH /
Secret

TrackBackURL
→http://savos21.blog18.fc2.com/tb.php/94-a7ba1d6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。